EnglishJapanese

やまねあやの先生から皆さんへのメッセージ!

2011年04月11日
新刊「ファインダーの熱情」発売!

こんにちは!ご無沙汰しております、やまねあやのです。

約2年ぶりにファインダーの新刊が出るということで、リブレ出版様ならびにアニメイトさんで様々なフェアや宣伝をしてくださっているので、ご挨拶もかねて参上致しました!

このコミックスの作業中に、この度の東日本大震災がありました。被災され、現在も不自由な生活をされている皆様へお見舞い申し上げます。

私は関西在住でネットやテレビの映像でしか現地の様子を伺い知ることはできませんが、大切なものを失った方々の悲しみや喪失感、美しかったであろう港町の惨状を思うとやりきれず、漫画なんか描いてていいのかと自問自答し、気持ちを奮い立たそうとしてもできなくて、ふがいなくて落ち込みました。

そんな中で被災地の方々からツイッターを通して「楽しみにしてます」という言葉をいただき、逆に励まされるということがあって、改めて読者様のありがたさを実感した次第です。大変な中でも本を楽しみにしてくださっている方がいるのに、落ち込んでなどいられません…!

皆がそれぞれ支援活動を開始する中で、自分は何をすればいいのか考えた時にやっぱりいつも通りに萌えと娯楽をお届けすることが一番喜んでもらえるだろう!と担当さんと話し合って、読者さんからいただいた言葉を胸に、なんとか新刊発売に漕ぎ着けることができました。毎度のえろい漫画ですが楽しんでいただけたら幸いです(^o^)

小冊子2種類ありますが、どちらかお好きな方でどうぞよろしくお願い致します(^-^)/

今回の新刊は、製紙工場が被災したため紙を探して奔走してくださった方や、代替えで使う事になった2種類の紙がバラバラに混ざらないように印刷所に泊まり込みで調整してくださった方、ギリギリまで原稿を待ってくださった印刷所様、通常営業で尻を叩いてくれた担当さん、実に様々な方々のご尽力により無事発売日に書店に並ぶことが出来ます…!

今回ほどどれだけ多くの方に支えられて漫画描いているか思い知ったことはなかったです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そういった方々の、災害によって打撃を受けた産業をなんとか修復しようとする姿に日本の物作りの逞しさを見ました。

私は三陸産の魚介類大好きだし東北の野菜をいつも買って食べてます。紙もインクも作ってくれる人がいないと立ち行きません。。日本には東北の方々の力が必要です。

だから早く様々な心配事が収まり、日常を取り戻す日が来ることを願っております。